<< 信じ続ける奇跡 | main | 天気がいいから散歩をしよう。(のぼうの城編) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
読書メーター11月まとめ
 自分の寝ている姿というものは自分で確認できない。
 鏡に映すわけにもいかない。どうも、自分は、口を開けて寝ているらしい。
 なんという間抜けの極み!恥を知れ!しかるのち死ぬ!
 とは小学生の自分も思うべくもなく、なんとなく「それは格好悪いなぁ」と思い、ガムテープを口に貼り付けて寝たこともあったが、朝にはガムテープが丸まって枕元に転がっていた。外した記憶が少しもないのだから、よほど熟睡していたのだろう。熟睡したかったのだろう。睡眠に少しでも邪魔なものを蹴散らす我が無意識よ天晴れ!格好悪いがなんだ!と言うほどの気概もないので、どうにかならんものかねぇと思いながら幾星霜。
 今も口を開けて寝ている。らしい。幸福な眠りは不幸な寝起きに駆逐される。特に今の時期、空気が乾燥しきっているため、喉が痛くてたまったものじゃない。
 神龍への願い事は決まった。「口を閉じて、眠れるようになりたい!」
 その願いは創造主の力を超えているとか言われたらどうしよう。切ない。
 
 友だちの佐々木さんは、膝の間に布団を挟まないと寝付かれないのが恥ずかしいとか言っていた。かわいいと思った。

 さて、読書メーター11月まとめ。先月読んだ本はこんな感じでした。

11月の読書メーター
読んだ本の数:7冊
読んだページ数:1974ページ

本を読む本 (講談社学術文庫)本を読む本 (講談社学術文庫)
真偽と美醜の二分法で本を端からバッサバッサと批判してきた自身の中身のない読書を痛感させられた。おそらくは能動的積極性に欠けていたのだ。モラルスティックな読者であったが、期待すること、恐縮して考えないことは、もうやめよう。難しい本が、今、読みたい。もちろん熟読で。
読了日:11月27日 著者:モーティマー・J. アドラー,C.V. ドーレン
キス・キス (異色作家短編集)キス・キス (異色作家短編集)
装丁と、異色作家シリーズ文字と、短篇の魅力的な題名に惹かれて思わず手に取った。短い話の中にいろんな逆転が起こる。身を落ち着けるはずの宿で骨を埋めそうになる話、お宝発掘の旅に出た牧師がお宝を木っ端微塵にされる話、不実な妻の裏で大人しいフリをしていた夫の不実、などなど。ブラックユーモアのフレーバーを効かせた小品の数々。ひとつ「女主人」はずば抜けてよかった。
読了日:11月21日 著者:ロアルド・ダール
偉大なるデスリフ (村上春樹翻訳ライブラリー)偉大なるデスリフ (村上春樹翻訳ライブラリー)
作家というものがどうあるべきか、をアルフレッドが語る場面『僕という人間は存在してはならない。僕というのは「我々」と同義語なのだ』は、自身の軸足をどっぷり時代につっこんだ魅力的とはいえないスタンスである。で、案の定というべきか、兄との会話で『「我々」とは誰のことなのか知りたかった』と言いながらヤクにはまる。つまるところ、デスリフの偉大さって何なんでしょう?憧れのスタイルをギャツビーの時代とバシッと決め、何から何までそれにしていったところなのだろうか?何にせよ、スタイルという問題は「お・か・ね」以上に根が深い
読了日:11月17日著者:C.D.B. ブライアン
パディントンのクリスマス (世界傑作童話シリーズ―パディントンの本)パディントンのクリスマス (世界傑作童話シリーズ―パディントンの本)
何かやらかすぞ、というのはいつものお決まりだけれども、パディントン自身も自分の行動にいい予感を感じないのだからどうしょうもないとはまさにこのこと。だけど、パディントンの何かしようという気持は、誰かの役に立ちたいという思いからきてるんだから、目くじら立てずに「まぁまぁ」で良し。「クマだし」 ガイフォークスという祭があるのを初めて知りました。
読了日:11月14日 著者:マイケル・ボンド,ペギー・フォートナム,松岡享子
無銭優雅無銭優雅
死の匂いが漂う恋愛小説の場面を要所に挿入し、本編のストーリーはゴーイング・マイウェイのバカップル。これがどう繋がるのかと思っていたら、死んだのは慈雨の父。「死の気配は恋を盛り上げる」と本編に出ていたのだが、恋しあっている主人公の父の死だ。そこで露見された主人公のどうしょうもない弱さを受け止める栄くん。この歳じゃなきゃできない恋愛というのが、あるんだな。歳をとるのもまんざらじゃないな、と思わせてくれるいい小説。僕もこんな風に歳を取りたい。それにはまず、好きな四文字熟語を作らなきゃ!笑
読了日:11月13日 著者:山田 詠美
砂糖の世界史 (岩波ジュニア新書)砂糖の世界史 (岩波ジュニア新書)
砂糖が人間の流通、貿易、食生活や医療の発展など多くの部分で関わっているということがよくわかる。ジュニア新書なので分かりやすく、大人でも楽しめる内容だと思う。主にイギリスにフォーカスした本でもあります。
読了日:11月06日 著者:川北 稔
鴨川ホルモー鴨川ホルモー
一読するとスポーツ青春ものの爽やかさがあるのに、それに笑いや意外性を組み込むなら「ホルモー」という架空の競技じゃなきゃダメなのでしょう。バカなことに熱を上げて、熱中して、それが青春の成分のほとんどじゃないだろうか。そして鴨川ホルモーの面白さの囚われの人となった僕もまた、おもわぬ青春のおすそわけをいただきました。ホルモオオオオ!
読了日:11月04日 著者:万城目 学

読書メーター

 先月、年間100冊読破をしたわけだけれども、100冊目は何がいいだろうと考えてみたけど思いつかなくて、「本を読む本」が100冊目になった。
 読書技術に関する本。
 思いがけずこの本に叱られてしまった気がして、これからは身を引き締めて本と付き合っていこうと、気持を改めるのにいい機会を得たと思う。自分の読書ペースがもうわかったので、これからは熟読をしたい。だから、うんと読書ペースは落ちる予定。
 だからどうしたって?
 どうもしないのよ、奥さん。

In all the Wong Places/KERO ONE

かっこいい!ありがとうー
| 読書メーター | comments(8) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
あっ!先月一番面白かった本はロアルド・ダールの「キス・キス」でしたー。
| たじま | 2009/12/04 8:31 PM |
口を開けて寝る…??

鼻で呼吸する癖がついてなくて口で呼吸するから口が開くんぢゃない??知らんけど←



サンタさんのプレゼントはフェードアウトだょww

何か誤解してるようだけども私はいたって純粋ですょ( ̄ー ̄)+
| ユカリン | 2009/12/04 9:37 PM |
ユカリン:フェイドアウトってあるんだ!すーごい。そのパターンは初めて聞いた。なんかさっき毎日新聞の夕刊に目を通していたら、偶然にもこの記事と同じようなことを書いているひとがいてびっくりした。電車で寝ている人のタイプは、下を向いて寝ているか、隣に寄りかかって寝ているか、上を向いて口をあけているか、って。びっくりしたよ。もう。
『私はいたって純粋ですょ』の最後は顔文字ではなく『←』を入れるべきだな、うん。
| たじま | 2009/12/04 10:28 PM |
私は目を開けて眠っているらしいです。

中村一義でいちばん好きな曲を挙げられなくて困っています。たじまさんは何が好きですか。
| 裾野 | 2009/12/05 3:28 AM |
裾野さん:いやはや、まさか1人で3作品を1次通過させる人がいたとは恐ろしい。それでも裾野さんだって北日本文学賞の1次通ったんですから、これからも順次報告お願いしますよー。
数多く報告できるといいですね♪

中村一義は名曲多すぎでしょう。
迷いますが、一番お世話になってるJubileeかなぁ。アルバムだと金字塔ですか。金字塔の「謎」の良さが、10年くらい聞き続けてようやくわかってきたときは、その奥深さにますます好きになりましたよ。
| たじま | 2009/12/05 8:09 PM |
ご質問に謹んで お答えいたします
できれば アン と読ん(呼ん)でいただきたいのですが
名前を登録するときに、少しひねってみましたの
実は、改名したいのですが。。。。日ごろは、もっぱらengrid、、イングリッドをハンドルネームにしていますから、そちらに、、、えっ!  エングリッドでは、そうなんですが、最初がiから始めるのが、どうもしっくりいかなくて e にしましたの、、そう、我儘気ままでございます。
読書メーター、今月は、キス・キスを読みたいです、これはかなり是非な感じを受けております。この手のお話は かなり好みです、短編なのもよろしい、ただいま長編を読む気力を無くしておりますから

・・・お口を開けて寝られるとか、夜中に魔物を吸い込むかもしれませんからお気をつけあそばせ。。。長文にて 失礼いたします。
| anne | 2009/12/05 10:29 PM |
ガムテして寝るって(笑)ちょっとした苦行じゃないですか!!親が強盗入ったって勘違いしちゃったらどうする気だ!?
そーゆうちょくちょく面白いのは君の卑怯なところだよ!!


あいかわらず、本読むねー。

あ、対抗したい。僕は「寝息の音が面白すぎて寝れないっ」て苦情をいただいたことがあります。
| 名前が落ちつかない | 2009/12/06 3:10 PM |
anneさん:そうでしたかーなんとなくアンネで読んでいました。アン、アンさん。OKです。
イングリッドで読めないこともないでしょうね。イングランドだってそう読みますし。
キス・キスはいいですよ。尺とオチが丁度良いです。長篇って読むの体力いりますものね。僕ももっぱら短篇を読む傾向があります。ちなみにいっぱいキスしたり、ましてやキスという魚の短篇ではありませんのであしからず。

名前が落ちつかない:強盗入ったって勘違い!そうか、普通口にガムテープしてたらそう見えるか。いや、でもたぶん親に「今日ガムテープ口にして寝るから」とか言ったと思う…たぶん。最近はね、マスクして寝てる。少し寝相が改善されたのか、滅多に口から外れてないね♪オススメ。
| たじま | 2009/12/06 9:30 PM |









http://dfne.jugem.jp/trackback/87