<< あだ名の思い出、影響力。 | main | 信じ続ける奇跡 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
贈り物に困ったら。
 11月にもなれば、すでに街ではクリスマスのイルミネーションがすっかり始まっている。浮ついた気分のご相伴にあずかって、ついつい僕の気持も浮つきだす。と、こう言うと僕が普段から身を引き締めて生活しているように聞えてしまうけれども、言わずもがなの体たらく。

 小説や物語で、好きな場面というものは数多あるけれども、わけても「プレゼント」の受け渡しの場面は大好物だ。
 「大草原の小さな家」のクリスマスプレゼントの場面には十代の少女のようにときめいて、「小説家を見つけたら」のフォレスターの台詞「女性の心をつかむコツは、思いがけない時に思いがけない贈り物をすることだ。こいつは百発百中だ」は思わずメモをし、「パパ・ユーアクレイジー」に出てきた誕生日プレゼントは、確か「下の顎」という変てこな題のついた父の自作小説だったことも、とてもよく覚えている。
 いずれにしても印象に残っているこれらの場面は、心の通ったプレゼントに関わることなのだ。

 2週間くらい前にえみさんから「monkey business(文芸誌です)に載っている短歌、すごく良いので是非読んで欲しい」とのメールを頂いて、さっそく、というわけではないが、昨日買いに行ってきた。
 本屋の近くにあるドトールコーヒーでパラパラと捲っていくと、O・ヘンリーの「賢者の贈り物」に行き当たった。時期的にもぴったりのこの話を、今日は紹介したいと思う。

 あるところに、貧しい老夫婦のジムとデラが住んでいた。この夫婦には自慢できるものが二つある。それは、主人のジムが持つ懐中時計と、夫人のデラが持つ美しい髪だった。
 とても貧しいこの夫婦は、クリスマス・イブの夜にプレゼントを贈ろう考えているのだが、どうしようもなくお金が無いのである。そして、クリスマス・イブの夜、妻のデラは夫の懐中時計につける鎖を自身の髪を売って得たお金で買い、夫のジムは妻の髪飾りを自身の懐中時計を売って得たお金で買う、という話である。

 これが「賢者の贈り物」の筋である。一読すると、このちぐはぐの行き違いは、とても賢い贈り物だとは言えないかもしれない。互いに無駄な買い物をしてしまったかのように思う。しかし、O・ヘンリーはこう締めくくっている。

 しかるにここで私がつたなく語ったのは、たがいのために家の最大の宝をおよそ賢明でないやり方で犠牲にした、アパートに住む二人の愚かな子供をめぐるごくありふれた物語である。けれども、今日の賢者たちに向けて最後に一言言わせて貰うなら、二人こそ最大の賢者なのだ。贈り物を与え、受け取るすべての人々のなかで、彼らのような者たちこそ最大の賢者である。どこであろうと彼らこそ最大の賢者である。彼らこそ東方の博士なのだ。
 つまり、贈り物を選ぶとき、何が人気なのか、何が女性に(あるいは男性)喜ばれるかを考えてはいけない。それは賢いだけだ。
 贈り物は、「あの人」に喜ばれるものを考えなくてはならない。それがたとえ身銭を切るような、傍から見れば愚かな選択であったとしても、贈り物の選択として間違っているとは言えないのだ。
 この夫婦は、互いの大切にしているものをよく熟知していたし、それを飾る品を身銭を切ってまで相手にプレゼントしたのだ。O・ヘンリーのこの短篇は、贈り物の極意を教えてくれている。
 
 僕の言いたいことはこれだけ。
 贈り物にお困りの人は、他人に相談しないこと。

Can't Cook/The Car Is On Fire
| O・ヘンリー | comments(15) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
相手を熟知しているからできることだね。
あと夫婦だから大切なものを簡単に投げ打つ事ができるんだなって思うょ。

大事な人の笑顔に代わるものはないしね。


私だって旦那のためなら大事なフィギュアを投げ打つなんてわけないね!!←
| ユカリン | 2009/11/23 7:12 AM |
この短編学校の授業の関係で読んだことあるわ。
O・ヘンリーの小説は全部オチがちゃんとあるイメージです。
| しんかお | 2009/11/23 9:52 AM |
買ったのね!いい文芸誌よねえ、あれ。
後ろの方に載ってる小説の応募規定で
「応募資格」が誕生日っていうの、なんかちょっときゅんとする。
ところでわたしまだその短編読んでません。ガーン
短歌は読んだ?飴玉の歌もあったでしょう
| えみ | 2009/11/23 11:15 AM |
へぇー、なぁるほどねぇー。
でもたじまくんの選んだものってセンス
あると思うよ、うん。
あ、普通に褒めてしまった。
なにか買ってもらわなくちゃ!
たじまくんは彼女にプレゼント買ったの?
| はらだ | 2009/11/23 12:25 PM |
ユカリン:パツパツ日記のコメント欄に垣間見るユカリンの発言がすごすぎていつも愉しみに見ております。お前、いろいろ解き放たれてるよな(笑)
フィギュアを解き放つかどうかはわからんけど、一応そういう楚々としたところもあるんだって覚えておきます(笑)
ちんちんをwikiで参照済みって…おいおいおい。

しんかおさん:オチはあるけどあとは考えなさいって感じだよね。説教くさくないし、答えは自分で発見するから、こういう読み物は面白い。

| たじま | 2009/11/23 6:20 PM |
えみさん:短歌読んだよ。短歌の素晴らしさは言うに及ばず。「話」で締めると、あ、その話は読んでみたい!って思う。中でも

「発射時刻を五分ほど過ぎてをりますが」車掌は語る悲恋の話

は読んでみたい!
全てが物語のプロローグっぽいよね。そのあとの村上春樹の文章に出てきた「たき火の前の語り手」という言葉にこの短歌と何か関連っぽいものを感じてしまった。たき火の前で、老齢者が物語を語り始めようとする感じが偶然だろうけど短歌に出てて。

はらだ:ありがたきお言葉を頂戴しましたが、最後の2行が腑に落ちねぇ。
買わないし、買ってあげる相手もおりません。
あと、はらださんの最近のっけてた写真を見て思った。最近のデジカメと化粧品の進歩は計り知れないなって。
| たじま | 2009/11/23 6:35 PM |
あとで体育館の裏に来い(^_^メ)
| はらだ | 2009/11/24 9:00 AM |
私のやんごとなきブログの平和を乱すコメントたちは即刻成敗してくれるわ!とばかりにささっとまとめて削除しました。
あと言い忘れたけど私もmonkey business買ってた。オレンジのやつでしょ?
まだ村上春樹のしか読んでないけど。。。
| しんかお | 2009/11/24 11:20 AM |
はらだ:もしや告白?えーどーしよっかなぁ。

しんかおさん:グッジョブでした。でもたまにああいう文章を真剣に読むと、面白かったりするからちょっかいだしたくなっちゃう。
あら?monkey businessいつの間にG3の推薦図書になってんだ?誕生日が11月なんだし、ちょっと小説投稿に応募してみたら?ら?
| たじま | 2009/11/24 5:48 PM |
パツパツにっきは心のオアシスですからね!!

…じゃあ彼氏の誕生日にコンドームとパンツをプレゼントした友達の彼女も立派な「自惚れ賢者」だな(笑)
| ヌマピス | 2009/11/24 6:24 PM |
それは褒め言葉…なの…か??

まぁ、常に全ての感覚を解放してますからね( ̄▽ ̄)ハッハッハ


私だっていつもバカなことばかり言ってるわけぢゃないんだぜ?←
| ユカリン | 2009/11/24 8:51 PM |
ヌマピス:オアシスはノエルが脱退して、ファンの心の中だけにあるんだよ。パツパツにっきが「オアシス」だなんて怖いもの知らずだなァ。ヌマピスってなんだろう。一瞬アヌビスに見えたよ。ゲームなんだけどね、結構面白いよ。

全く関係ない話をします。

NHKの人形劇の三銃士のCMで名言を耳にしました。

「俺が酒くさいんじゃねぇ。酒が俺くさいんだ」

これ、何かに代入できそうだよねぇ。
| たじま | 2009/11/24 8:52 PM |
ユカリン:今日はやけにコメントが激しいな。何故だ、と思ったら俺が余計なことをコメント欄を使って振ってるからなんですね。きっと松方弘樹が巨大マグロを釣りあげたこともバタフライ効果なみの迂遠さで影響しているのだろう。

ああ、それと、全然関係ないんだけど(やめられない)

「それでも町は廻っている」って漫画知ってる?すーごく面白いッス。そのうちまたブログで紹介しますんで、ひとつよろしくお願いしてやって欲しいッス。
あ?コメントの返信になってないだぁ?気にするな。気になるようなコメントなら返事もまともになるよきっと(最低。かつ適当)
| たじま | 2009/11/24 10:33 PM |
その話、どっかで読んだなあと思ったら、
高校の時の英語の教科書でした。
そうか、あれ、O・ヘンリだったのか・・・
あのとき一番学んだことは、「女の髪は売れる」ということでしたが。
思わずロングヘアの女子生徒の髪を見回して、
艶を見比べたものです。
| 左脳 | 2009/11/26 7:43 AM |
左脳さん:有名ですよね。僕もずいぶん前にどこかしらで読んだ覚えがあるのですが、さてそれがどこでだったかさっぱり思い出せません。
そう、髪の毛が売れるというのもちょっと驚きでした。「賢者の贈り物」では20ドルで売っていました。うーん、物価という問題もあるからよくわかりません…。
| たじま | 2009/11/27 11:36 PM |









http://dfne.jugem.jp/trackback/84