<< Generals And Majors | main | 2音の間には(オクターヴ) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
文体練習
評価:
レーモン クノー
朝日出版社
¥ 3,568
(1996-11)
 レーモン・クノーの文体練習を読むことは、ほかの書物では味わえない不安感がつきまとう。物語りも作者も見えてこないからだ。物語らしいものは一応ある。混雑したバスの中で、首が長く、帽子をかぶった男性が、ほかの乗客にいちゃもんをつける。その男性は席があいたらそそくさと席に着く。そして、それを目撃していた第三者が、二時間後別の場所で、その帽子をかぶった男性を見かけ、友人らしい者から「コートの前が開きすぎてるからボタンをもうひとつつけるといい」とアドバイスを受けるところに出くわす、というものだ。面白いところなどどこにもない。
 それが延々一冊の本にまったく違う文体で書かれたらどうなるか?それを試みたのが本書である。
 たとえば「古典的」というとこうなる。
 昼は、バス。満員のころはさらなり、やうやう乗り込んだデッキぎは・・・
 たとえば「無関心」
 わたしになにをお聞きになりたいとおっしゃるんですか。ええ、正午頃S系統のバスに乗りましたよ。混雑していたかって?そりゃあもう、その時間ですからねぇ・・・
 たとえば「予言」
 正午になったら、きみはバスの後部デッキに乗り込むことになるだろう・・・
 このように本書は文体を変えつつ続くのだ。
 ひとつの事実を書いたものに過ぎないのに、味わいも、雰囲気もガラリと変わる。
 ストーリーは同じだが、BGMがまったく違う映画、素材は同じだが、味付けの異なる料理、対象は同じなのに描く人が違う絵画。そういうものを想像すればわかりやすいだろう。どれもこれもが、可能性という名の迷宮への入り口である。無限へのいざないは、不安がつきもの。本書の読後感に期待してはいけない。文章の可能性にのみ期待するのがいいだろう。
ふぁぁ〜!真面目くさった「〜だ」「〜である」調は疲れる〜!口語体で書くのはラクでいいや。あはは。これもまた文体のなせる「感じ」なんだろうね。いかにも襟を正して、から襟を開きます。
 文体っていうのはちょっと考えるところがあって、大学の時には卒業論文にしようかとも思ったほど。ただ、文体を卒論に選んだら読みづらいものまで目を通さなくちゃならないだろうなぁーそれはなーっていう短絡な考えから身を引いた者です。
 レーモン・クノーの作品もいいけれど、もうちょっと気軽に文体を楽しみたいのであれば清水義範の『普及版 世界文学全集』なんておすすめです。清水義範はブックオフの100円コーナーに並ぶことも多いから手に入れやすいし、何より気軽だと思うので。(レーモン・クノーの文体練習は3500円オーバーです)
 ちょっとここで、その清水氏の例を。例は聖書の中の創造期です。文体はヤンキーの兄ちゃん。

 (中略)そんでまず、神さんが「光あれ」言うたら光ができたんや。
 (中略)そんで次にやな、神さんが「水と空とがわかれなあかんわ」言うたんや。そんで、空と水が分かれよって、空が天になったんや。
 (中略)神さんがこう言うねん。「水ん中に生きもんがおらなしゃあない。空には鳥が飛んどらな格好つかん」
 (中略)そんで神さんが言うには、「お前ら、エッチして子を生んでめちゃめちゃふえたれ。そんでやな、地面に生えとる草も、木の実も、お前らのもんや。食え。それから、そのほかの動物、どれでも食ってええぞ。お前らの食べもんや」いうことになってん。 こら、何ニヤニヤしてんねん。しょうもないこと考えとったらあかんぞ。


 こんな調子なんだよね、すべて。ほかの聖書の章も、たとえばエデンの園であればパソコン取り扱い説明書用に文体が変えられてるし、楽園喪失なら歌舞伎用、カインの弟殺しならイタコ口寄せ用(なぜイタコ!?)、ノアの洪水なら幼稚園児用に改変されてるんだ。
 逆説的になるけれど、聖書がここまで広まったのは、文体の格調の高さに拠るところって多分にあると思う。だって、ヤンキーの兄ちゃん用の訳で聖書が書かれてたら、どうよ?胡散臭いったらありゃしないよ?

 P.S大久保さん、文体練習を貸してくれてありがとう。


Snow Queen/The City

冬が好きなんだろぉ?ほらほらぁ〜。
| レーモン・クノー | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
おお!
クノーの文体練習!!!
買おう買おうと思いながら、ずっと後回しにしている本です。
古本屋に行くと必ずこれを探す癖がつきました・・・
| 左脳 | 2008/10/09 7:17 AM |
左脳さん:お久しぶりです。実はこの本、僕もちょっと気になってたんです。ただまぁ、このお値段ですので・・・。買った友人は勇者ですよ。この本を古本屋で、っていうのは難しいかもしれませんね。この本、文体だけでなく、語り手の性別を変えたり、年齢の設定を変えたりとかもしているので、あぁ、文体って言ってもそういう抜け道もアリなのね、っていう感じでした。というよりも、あらためて日本語の幅の広さを感じましたよ。これはもう訳者の作品でしょうね。
| たじま | 2008/10/14 4:16 AM |









http://dfne.jugem.jp/trackback/3